素早いイタチもプロが捕獲|害獣や害虫を駆除して被害を防ごう

被害とプロによる駆除

鼬

民家に入り込んだハクビシンは、食べ物だけでなく、ノミや病原菌で人間の健康にも被害をもたらします。そのためプロによるハクビシン駆除はさかんにおこなわれています。プロはまず、ねぐらから忌避剤や燻煙剤でハクビシンを追い出し、1匹残らず捕獲します。その上でスプレーで隅々まで殺菌消毒をするのです。

もっと知ろう

自分で出来るハチ駆除

住宅

蜂の被害にあわないようにするためには、自宅に巣を作ってしまわないようにする対策が必要です。巣を作りそうな場所に殺虫剤を散布しておくなどの対策があります。スズメバチなど危険な蜂を退治するためにはトラップも有効です。手作りでも出来るので気軽に設置可能です。

もっと知ろう

ハクビシンを駆除するには

男性作業員

駆除業者選び

手間をかけずに危険が無いようにハクビシン駆除を行うための方法として、ハクビシン駆除業者に依頼する方法があります。信頼出来るハクビシン駆除業者選びのポイントとして、都道府県の許可をきちんと受けている業者かという点や、料金形態がしっかりしていて事前にわかりやすい見積りを出してもらえるかなどがあげられます。また、ハクビシン駆除の豊富な実績があり、利用者の評価が高いハクビシン駆除業者を選ぶようにするのもおすすめと言えます。ただ単に駆除を行うだけでなく、駆除後の対応がしっかりしているハクビシン駆除業者なら、安心してハクビシン駆除を依頼することが出来るので選ぶ際にはアフターサービスについても確認しておくと良いでしょう。また、害獣にはハクビシン以外にも、イタチやネズミといったように様々な動物がいます。イタチやネズミの被害を防ぐには、捕獲して駆除する必要があります。しかし、イタチやネズミを捕獲するにも個人で行なうには注意しなければならないため業者に依頼して捕獲してもらうとよいでしょう。

害獣を駆除する時の注意点

屋根裏や床下などにハクビシンが巣を作って住み着いた場合には、次のような被害を受けることがあります。一つはハクビシンが走り回ったりすることによる騒音でハクビシンは夜行性のため屋根裏で走り回ったりした場合、うるさくて眠れない場合があります。また、ハクビシンの糞尿などよって悪臭がする場合もあり、衛生面での心配もあります。また、家の中にある食べ物や庭の家庭菜園や畑の作物を荒らされ、飼っているペットへの被害も考えられます。ハクビシンによる被害にはこうしたものがありますがハクビシン駆除を自分でやろうとした場合、捕獲しようとして自分がケガをする心配がありますし、燻煙剤などを使ったハクビシン駆除の方法は使い方を間違えると大変危険なので注意が必要です。

注意しよう

作業員

自宅の庭などにスズメバチが飛んでいたら、巣を叩いて落とすなどはとても危険な行為なのだと理解しておきましょう。自分で触らず、スズメバチ駆除業者に依頼すると安心できるでしょう。

もっと知ろう