被害とプロによる駆除|素早いイタチもプロが捕獲|害獣や害虫を駆除して被害を防ごう

素早いイタチもプロが捕獲|害獣や害虫を駆除して被害を防ごう

被害とプロによる駆除

鼬

食べ物や健康への被害

ハクビシンとは、ジャコウネコ科の夜行性の動物です。もともとは野生の動物ですが、昨今ではエサを求めて都市部に姿を現すことが増えてきています。果物や野菜を特に好みますが、基本的に雑食なので畑だけでなく民家にも入り込み、キッチンで食べ物をあさることも少なくありません。体にはノミが寄生していることが多い上、病原菌もついていることがあるため、侵入されると屋内は不衛生な状態になります。食べ物だけでなく、人間の健康への被害も発生する恐れがあるのです。そういった被害を食い止めるために、現在ではプロによるハクビシン駆除がさかんにおこなわれています。ハクビシン駆除は具体的には、まずはハクビシンを屋内から追い出し、その上でノミや病原菌などを殺菌消毒するという流れでおこなわれています。

駆除の具体的な流れ

民家に入り込んだハクビシンは、屋根裏をねぐらとして生活することが多いです。そのためハクビシン駆除は、屋根裏を中心としておこなわれます。まずは屋根裏への出入り口を突き止め、そこから最も遠い場所に忌避剤を散布します。するとハクビシンは出入り口の方へと移動していくのでそこを網などで捕獲するのです。ハクビシンが警戒して出入り口に来ない場合には、屋根裏全体に燻煙剤を使用することもあります。複数のハクビシンが入り込んでいたり、子供を産んでいたりすることも多いのですがプロは1匹も屋内に残さないよう捕獲します。全てのハクビシンの捕獲が終わったら高い殺菌効果のあるスプレーを屋根裏の隅々にまで噴霧し、ノミや病原菌も残さず除去します。プロによるハクビシン駆除はこのように徹底的におこなわれているのです。